NSSKについて
  • HOME
  • NSSKについて
  • 代表挨拶

NSSKの概要

日本産業推進機構グループ(NSSK)は、大手グローバル企業にて国内外の出資活動・出資先企業の支援を30年以上に亘り行ってきたプロフェッショナル達によって設立された、日本企業の支援を重要な目的として掲げるグループです。潜在力の高い日本の魅力的な企業のための、グローバルな舞台で培われた投資・経営支援ノウハウを活用した企業・株主価値の向上を目指します

代表挨拶

NSSKグループをお引き立て賜りまことにありがとうございます。

COVID-19へ向けてグローバルな戦いが続くさなかではありますが、謹んでこの1年をふりかえり、ここにご報告申し上げます。私たちは未曾有の時を迎えています。しかしながら、人類は何世紀にもわたり、14世紀のペストから始まり、コレラ、スペイン風邪に至るまでさまざまな疫病から試練を受けつつも、それらにことごとく打ち勝ってきたことは歴史が示すとおりであります。私たちは、健康と安全、そしてそれを守るため、疫学的に必要とされるさまざまな求めにしっかりとコミットし、つねに人々と地域社会の健康と安寧を優先していくことが肝要かと考えます。

NSSKにとりまして、この12か月は誠に忙しい1年でありました。以下に、私どものこれまでの活動を簡潔にまとめましたのでご一読ください。

1. ファンドIIにつきましては、ポートフォリオの積み上げに努めました。リアリーイングリッシュ、Next innovation(トータル・ビューティ・プラットフォームの一部となります)、WelfareすずらんをNSSKグループに迎える事が出来ました。また、ヴァティーの売却と再投資を完了いたしました。介護事業の更なる成長を新たな仲間たちと支えて行く所存です。中部北陸ファンドにおきましては、東海典礼(葬祭業)その他への投資を経て、投資はすべて完結いたしました。それを受けまして、地域の皆様の応援を軸に地域と事業承継に特化する後継ファンドを立ち上げる運びとなりました。

2. 新規投資の機会にも恵まれました。2019年は過去最高の投資案件の紹介を頂きました。これは、地方銀行、信用金庫、地域の法律事務所、税理士・会計士事務所の皆様によって成り立つ、いわば「地域版エコシステム」によるところが大きいものと考えます。私どもの「エコシステム」にご参集くださいました皆様には心より御礼申し上げます。

3. 組織の拡充につきましては、プロフェッショナル4名、アドバイザー1名の参画があり引き続き専門人材の補強を行いました。新しくチームの一員となったメンバーも、皆様にお会いできる機会を心待ちにしております。

4. ESGは、私どものあらゆる活動における最優先の取り組みであります。ESG委員会を設置し、NSSKのCEO(最高経営責任者)が議長となり、投資、オペレーション、ホールディングスそれぞれのチームから代表者を参加させております。すでにESGに関するKPIを定め、すべてのレポートで目標到達状況がご覧いただけます。ESGのすべての要素(E=環境、S=社会、G=ガバナンス)が重要である一方、現在の状況下では、責任ある企業にとって必要性がますます高まっている「社会」の「S」をさらに重視しなければなりません。

2020年につきましては、COVID-19による危機を迎えるなか、投資先企業の従業員を守り、運転資金の確保と提供、本業以外からの収入獲得の戦略と実行、及び次なるV字回復への準備に努めております。

皆様の安全とご健康を祈念いたしますとともに、ポジティブな精神をお忘れなきよう祈念いたします。

津坂 純