ニュースNews
  • HOME
  • ニュース
  • 株式会社オリエンタルフーズ及び株式会社アイアイ・テーとNSSKとの資本業務提携について

株式会社オリエンタルフーズ及び株式会社アイアイ・テーとNSSKとの資本業務提携について

新規投資

/ 2021.07.05

日本産業推進機構グループ(東京都港区 代表:津坂純 www.nsskjapan.com、以下、「NSSK」といいます。)は、傘下の投資事業有限責任組合(NSSK II)を通じて、株式会社オリエンタルフーズ(本社:北海道札幌市 http://www.oriental-foods.co.jp)及び株式会社アイアイ・テー(本社:北海道石狩市 http://www.iit-inc.co.jp、以下、株式会社オリエンタルフーズおよび子会社・関係会社と併せて「ORF/IITグループ」といいます。)と資本業務提携を行いましたので、お知らせ致します。

株式会社オリエンタルフーズは、1978年に設立され、北海道内のスーパーマーケット向けに青果卸事業を展開する企業です。また、株式会社アイアイ・テーは、1988年に株式会社オリエンタルフーズの物流部門を分離独立する形で設立され、その他の関係会社とともに主にスーパーマーケット向けの物流事業を運営しております。

物流事業は、北海道における食品スーパー向けの物流事業者として、札幌都市圏における食品物流の要所である石狩市を中心に、グループ全体で3温度帯に対応した7つの物流センターと業界上位となる300台を超えるトラックを有する同地域における大手企業の一社です。また青果卸事業は、もやし・柑橘類など特定カテゴリーにおいて北海道内で高いマーケットシェアを持つニッチトッププレイヤーです。ORF/IITグループは、安定した市場環境と優良な顧客基盤を有する2つの事業を展開する安定成長企業です。

NSSKは、ORF/IITグループがこれまでに築き上げてきた事業基盤を生かしつつ、独自の経営支援パッケージである「NVP」(NSSKバリューアップ・プログラム)やメンバーが培ってきた知見や国内外のネットワークを活用・提供することで、ORF/IITグループが既存の経営者と共に次のステージに向けてさらに力強く成長するためのKPIの見える化を含む経営管理手法の導入、ガバナンス・コンプライアンス体制の強化、労務管理体制の強化、コーポレート・フィロソフィーの浸透、ESG活動の推進等のご支援を通じて、更なる売上高の成長を後押し致します。なお、ORF/IITグループの現経営陣は、従来通り会社の経営にあたり、NSSKはその事業パートナーとして支援を行います。