ニュースNews
  • HOME
  • ニュース
  • 中部・北陸地域に特化した投資組合の設立について

中部・北陸地域に特化した投資組合の設立について

その他

/ 2016.10.27

日本産業推進機構(”NSSK”)は、本日付で中部・北陸地域活性化投資事業有限責任組合(以下「本投資事業組合」という。)を設立致しました。

本投資事業組合は中部・北陸地域(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県・富山県・石川県・福井県)において、事業承継案件を中心に成長性及び潜在力の高い魅力的な中堅・中小企業を主な投資対象とした出資活動を行ない、必要な成長資金、国内外のネットワーク、事業の改善に役立つプロセス、人材の補強と育成、海外の事業展開のサポート、海外顧客の取り込みのサポートなどを迅速かつ具体的にご提供することで、出資先企業とともに企業・株主価値の向上を実現し、雇用機会の創出を含めて地域経済の発展に寄与することを目的としています。

本投資事業組合には、株式会社地域経済活性化支援機構(以下「REVIC」という。)に主要なLPとして参加頂いており、そのネットワーク・地域経済活性化に対する知見を活用して参ります。また、本投資事業組合の設立趣旨にご賛同頂いた地域金融機関にLPとして参加を頂いており、LP各位の地域経済とのネットワークを活用し地域の中堅・中小企業への投資活動及び投資後の業務改善活動を行なって参ります。

本投資事業組合は、LP各位と協働して地域企業の成長、ひいては地域経済の発展に資する活動を行なって参ります。