ニュースNews
  • HOME
  • ニュース
  • レイフィールド株式会社とNSSK IIとの資本業務提携について

レイフィールド株式会社とNSSK IIとの資本業務提携について

新規投資

/ 2018.01.24

日本産業推進機構(東京都港区 代表:津坂純 http://www.nsskjapan.com)は、傘下の投資事業有限責任組合(NSSK II)を通じて、レイフィールド株式会社(本社:岐阜県岐阜市 以下、レイフィールドという。 http://www.rayfield.jp)との資本業務提携を完了致しましたので、お知らせ致します。

レイフィールドグループは、2001年に設立された岐阜県に本社がある非上場企業であり「RAY Field」のブランドの下、現在東海、九州、北陸、中国地方を中心にフランチャイズも含めて55店舗を展開しています。同社は、“トータルビューティーサロン”として、強固な顧客基盤及び利益率、加えて高いリピート率と顧客満足度を実現しています。

日本産業推進機構は、レイフィールドがこれまでに築き上げてきた事業基盤を生かしつつ、弊社独自の経営支援パッケージである「NVP」(NSSKバリューアップ・プログラム)やメンバーが培ってきた知見や国内外のネットワークを活用・提供することで、レイフィールドが次のステージに力強く成長するための経営管理手法の導入、コンプライアンス体制の強化、ESGの推進、収益力の強化、NSSKの不動産ネットワークを活用した継続的な新規出店の推進などをご支援させて頂きます。なお、レイフィールドの現経営陣は、従来通り業務執行を継続し、日本産業推進機構は、レイフィールドの現経営陣の事業パートナーとなります。