ニュースNews
  • HOME
  • ニュース
  • リアリーイングリッシュとNSSK IIとの株式譲受けについて

リアリーイングリッシュとNSSK IIとの株式譲受けについて

新規投資

/ 2018.12.27

2018年12月27日、日本産業推進機構(東京都港区 代表:津坂純 http://www.nsskjapan.com )は、傘下の投資事業有限責任組合(NSSK II)を通じて、リアリーイングリッシュ株式会社(本社:東京都千代田区 https://www.reallyenglish.co.jp/ 以下、「リアリーイングリッシュ」という。)の株式譲受けを行いましたので、お知らせ致します。
リアリーイングリッシュは、2001年に英国Reallyenglish.com Limitedの子会社として設立されて以降、15年以上にわたり法人・教育機関向けに幅広い英語学習コンテンツをデジタルeラーニングの形式で提供しており、大手企業を中心に720社以上(BtoB)、大学を中心に170校以上(BtoA)で生徒及び社員で活用されております。リアリーイングリッシュは、日本における同業界の先駆者的な会社であり、場所・時間問わず利用可能な拡張性のある自社開発のマルチデバイス対応型eラーニングプラットフォームを活用し、受講生一人一人に合った研修コースを提供しております。指導、動機付け、およびライブ会話を含むインタラクティブ機能を含むデジタルプラットフォームを通じて、コースの顧客体験は、向上します。その堅牢なデジタルプラットフォーム及びユーザーフレンドリーな特徴によって、88%という高いコース修了率を実現しています。日本産業推進機構は、リアリーイングリッシュがこれまでに築き上げてきた事業基盤を生かしつつ、独自の経営支援パッケージである「NVP」(NSSKバリューアップ・プログラム)やメンバーが培ってきた知見や国内外のネットワークを活用・提供することで、リアリーイングリッシュが次のステージにさらに力強く成長するための経営管理手法の導入、コンプライアンス及びガバナンス方針・手続きの実践、顧客基盤の拡大及び市場における普及、事業の多様化、製品及びサービスの拡大などをご支援させて頂き、更なる売上高の成長を後押し致します。なお、リアリーイングリッシュの現経営陣は、従来通り会社の経営にあたり、日本産業推進機構はその事業パートナーとして支援を行います。