ニュースNews
  • HOME
  • ニュース
  • next innovationのNSSK IIによる株式譲受けについて

next innovationのNSSK IIによる株式譲受けについて

新規投資

/ 2019.12.12

日本産業推進機構グループ(東京都港区 代表:津坂純 www.nsskjapan.com 、以下「NSSK」という)は、傘下の投資事業有限責任組合(NSSK II)を通じて、株式会社next innovation(本社:東京都豊島区 www.s-aqua.info/ 以下、「next innovation」という)の株式譲受けを行いましたので、お知らせ致します。
next innovationは2015年に美容機器の製造・販売業者として設立され、直近2年間はヘアケア製品の製造・販売に業容をシフトし、ファブレスメーカーとして事業規模を拡大して参りました。同社の主力製品である美容院向けヘアケアメニュー「S-AQUA(サイエンスアクア)」は新技術によるオンリーワンの製品であり、同製品を用いた施術方法は特殊なアルカリ電解水と脂質系アミノ酸を活用して毛髪の形状変化をする技術です。酸熱トリートメントや石油化学系を中心とした従来の製品とは異なり、有害性のある薬剤を使用しないため、毛髪を痛めることなく施術が可能であることから、一般消費者や薬剤による刺激を忌避する美容師から高い支持を得ております。加えて、高齢化が進む日本社会において、30-50代の女性を中心に、髪質改善はエイジングケアの重要な要素であり、今後も継続的に普及していくものと弊社は考えております。
NSSKは、これまでの投資・経営支援を通じて培ってきた、美容業界への深い知見と経験を活かし、カット、カラー、トリートメント、ネイル、アイラッシュ、エステなどの美容サービス提供施設の運営のみならず、美容商材のプロバイダーとして全国の美容事業者に商材を提供できる体制、すなわち”トータルビューティー・プラットフォーム”の構築を推進して参ります。next innovationへの投資は、NSSKが”トータルビューティー・プラットフォーム”を構築するために、レイフィールド株式会社(トータルビューティーサロンとして中部地域を中心に展開する大手美容室チェーン)の投資に次ぐ第二のステージと位置付けております。今後も、美容業界における多くの魅力的な商品やサービス提供事業者に投資をしていくことで、更なる成長を目指して参ります。
NSSKは、next innovationがこれまでに築き上げてきた事業基盤を生かしつつ、独自の経営支援パッケージである「NVP」(NSSKバリューアップ・プログラム)やメンバーが培ってきた知見や国内外のネットワークを活用・提供することで、next innovationが次のステージにさらに力強く成長するための経営管理手法の導入、コンプライアンス及びESGの実践、顧客基盤の拡大及び市場における普及促進、事業の多様化、製品及びサービスの拡大などをご支援させて頂き、更なる売上高の成長を後押し致します。なお、next innovationの現経営陣は、従来通り会社の経営にあたり、NSSKはその事業パートナーとして支援を行います。